Top

いつも心にプーリアを
by amopuglia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
"Orangeribbon1 " Skin by
Animal Skin
2010年夏の旅 in Puglia La terra di Bari-1
よく食べ、よく眠ったMonte Sant'Angeloの夜も明け、出勤前のTさんに見送られ、
私たちは次の目的地であるManfredonia(マンフレドーニア)という半島の付け根の町へ。
ここでひと泳ぎしている間に、ナベさんがお昼ごはんと晩ごはんの予約をしてくれました。
夕方にはレンタカーを返さなくてはいけないので、時間配分を考えながら・・・。
a0169200_1395515.jpg

a0169200_1403436.jpg

ブドウ畑の中を走り抜け、Corato(コラート)という町を目指します。

以前にも書いたとおり、プーリアは南北に長い州です。
いちばん北に位置するGargano半島から、南北のちょうど中心に位置するBariまでの海岸線を、
la costa nord(ラコスタノルド)といい、たくさんの魅力的な港町が並んでいます。
また、その内陸部はl'altopiano delle Murge(ラルトピアノデッレムルジェ)と呼ばれ、
広大なオリーヴ畑やブドウの畑の中に、時おり姿を見せるmasserie(マッセリエ=農園)など、
プーリア独特の風景を目にすることのできる地域です。

a0169200_1415255.jpg

いかにも町の食堂、といった感じの内装。清潔感があって、とてもいい雰囲気。
メニューと、オーナーのおススメを聞いて、私は前菜とお肉料理を選びました。
a0169200_1423794.jpg

parmigiana di zucca(かぼちゃとチーズ、ハムのオーヴン焼き)
a0169200_144888.jpg

frittata di fagiolini(さやいんげんのオムレツ)
a0169200_145130.jpg

アメリカンドック・・・じゃなくて、
a0169200_1462530.jpg

frittura di fiori di zucchine in pastella(ズッキーネの花のフライ)
a0169200_147861.jpg

tortino di patate(じゃがいもと野菜、サルシッチャの重ね焼き)
a0169200_1474313.jpg

peperoni al pomodoro(トマトとパプリカの揚げ煮)
a0169200_1481287.jpg

striscette e salsiccia di cavallo(馬肉のサルシッチャ)
a0169200_1484070.jpg

食後はスイカとメロン、食べ終わってますけど。

他にもチカさんの頼んだパスタや、ナベさん、ヒトシさんの頼んだリゾットなど、
まるで誰かの家にご飯を食べに来たかのような、"これぞマンマの味"という感じの美味しさ。
プーリア料理の魅力って、絶対こういうところにある!

お腹も満たされ、いい感じで食後のドライブ~♪
a0169200_1502665.jpg

プーリア州の世界遺産、2つ目がこちら、Castel del Monte(カステルデルモンテ)。
昨年、福岡のMさんに近くまで連れてきてもらって、
a0169200_1531560.jpg

丘の上に見えたアレが、アレが今、目の前にー!!!
a0169200_154116.jpg

少し小高い丘の上に立つここからは、周りの景色を365度すべて見渡すことができます。

私たちはレンタカー返却の時間があったので、夜に来ることができませんでしたが、
お昼ごはんを食べたレストランのオーナーのおススメは、夜のCastel del monteだそう。
お城を背に海岸線を見ると、la costa del nordの全ての町に灯が点り、それはそれは美しいんだとか。
はぁ~~~観てみたい!それも、なんかいい感じのイケメンと一緒に・・・(妄想)。
a0169200_1545284.jpg

山を下りたあとは、お決まりのgranita(グラニータ=フローズン)で休憩。
初のanguria(アングーリア=スイカ)味にしてみました。この色、食欲そそるわ~。

このあと、私とヒトシさんは爆睡(最低!)。
無事レンタカーを返却し、満腹なお腹を抱え、晩ごはんを食べに(!)Bariへ向かいます。 つづく
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-09-26 01:56 | 町歩き
<< 2010年夏の旅 in Pug... | ページトップ | 2010年夏の旅 in Pug... >>