Top

いつも心にプーリアを
by amopuglia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
"Orangeribbon1 " Skin by
Animal Skin
カテゴリ:日記( 31 )
Top▲ |
il bacio...
a0169200_625438.jpg

bacio(バーチョ=キス)。
いきなりこんなタイトルで申し訳ないですが、何も期待せず(?)読み進めてくださいね。

この間、友達から新しい友達を紹介してもらいました。
"普通"に初対面の挨拶を済ませて、ちょっと一緒に散歩をして、別れたところで友達がひと言。

「イタリア人が挨拶のときにbacioするのって、どう思う?」と。

・・・え?どう思う、って・・・?

イタリアと言っても、Piemonte(北イタリア)かPuglia(南イタリア)しか知らない私ですが、
考えてみれば、Piemonteでは初対面のときは、名前を言って握手するくらいだったような気がします。
ちょっと長くお別れするときはbacioするけど、それもよっぽど親しい間柄になったときくらい。
それに比べ、Pugliaでは初日から名乗って、握手しながら、bacioとなかなか忙しかった記憶が。
それ以来、これが自分の中で"普通"になっていて、何も感じていませんでした。

いや、最初のほうは、やっぱり戸惑いがあったかな?
bacioと言っても、唇と唇ではなくて、ほっぺたをくっつけて「チュ」って口で鳴らすだけなんだけど、
「右と左、どっちが先?」とか「もっと音は大きめにしといたほうがよかった?」とかしょうもない悩みが。
中には、こういう挨拶をしない人たちももちろんいるので、その見極めも難しくて。
握手をしたときにグッと前に出てきてくれると分かりやすいんだけど、
何だか微妙な距離のままのときもあったり。

研修先や同じ町のみんなは毎日会うから、今は誕生日や祝祭日くらいしかしないけど(妙に気恥かしい)、
Ginosaの友達は1週間に1回しか会わないので、毎回bacio。帰る間際もbacio。
1(私)対10人前後なので結構な時間がかかるんですけど、それがないと1日終わらないというか・・・。
ケジメ?

そんなわけで、結果的には挨拶のbacioには良い印象の私です。
何より、お互いの距離がグンと縮まりますよね♪

ちなみに友達(イタリア女子)曰く"bacioは許しを請うものではない、与えるもの"とのことです。
日本で悟ったそうです、あはは。もちろんこれは、恋人同士の間でのことですけど。
頑張れ、ニッポン男子!
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-06-12 06:28 | 日記
sotto il sole...
a0169200_1598100.jpg

つ、つ、つ、ついに今年初の海水浴に行ってきました。
場所は、Bandiera Blu 2010(バンディエラブルドゥエミラディエチ)にも選ばれたGinosa Marina。
a0169200_20926.jpg

まだ海開きをしたばかり、ということで砂浜にも人影はまばら。

例外もあると思いますが、イタリア人は基本的に日焼けが大好き。
ちょっと水に浸かっては、砂浜に敷いたビーチタオルの上に寝そべって肌を焼きます。
"日焼け止め"クリームではなく、"日焼け"クリーム(ムラなく焼ける用)を塗るんですよ。
a0169200_2177.jpg

砂浜でごろりとして、お昼寝、クロスワード、任天堂DSなどなど、思い思いに時間を過ごします。
家から携帯ラジオを持って行ったら、好評でした♪

ときどき思い出したように、
a0169200_215242.jpg

ミニラケット。
a0169200_222775.jpg

大道芸人風ミニラケット。

そして途中からハマったのが、アサリ掘りならぬ、telline(テッリーネ)掘り。
小指の第1関節くらいの大きさの小さな2枚貝です。
a0169200_24141.jpg

探した人だけが食べられる、という決まりだったので、みんな必死に探していました。
全身タトゥーにサングラスのコワモテ男子たちが砂浜で必死に貝を探す姿・・・、
今でも思い出し笑いしそうです。ぷぷぷーーーーーっ!

あとから聞いた話では、いまtellineを採ることは禁止されているそう・・・!
でもでもやっぱり美味しいから、みんな掘るんですね。
町では(魚屋さんじゃなくて、道端で)グラス1杯2ユーロほどで売られているんだとか。
a0169200_244731.jpg

ただいま砂抜き中!

私は次の日仕事だったので、自分で掘ったtellineは食べられませんでしたが、
以前、Carmelo家で食べたものを近々アップしようと思います。

この時期にPugliaに来られる皆さん、水着をお忘れなく~♪♪
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-06-12 02:05 | 日記
andiamo a Taranto!
火曜日は、Tarantoへ遊びに行きました。
実は前日の月曜日、海水浴に行く予定だったのですが、天気がイマイチな上、風が強くて断念・・・。
うってかわって、この日はまぶしいくらいの晴天でした。
a0169200_127191.jpg

旧市街の海沿いの道。空が青いっ!
a0169200_1274663.jpg

Via D'Aquino
a0169200_1281979.jpg

久々に買い物しました。水玉のスパッツと花柄のスカート。
a0169200_1285275.jpg

これは久々のヒット!可愛すぎて、即決!!
一緒にいた友達全員が「これ、はつのためのスニーカーだね」と太鼓判!でした♪
a0169200_1292790.jpg

またまた旧市街に戻り・・・
a0169200_1295143.jpg

a0169200_130954.jpg

a0169200_1303282.jpg

a0169200_130511.jpg

ちょっと怪しげな路地に入りかけ・・・くらいのところにある食堂で、お昼ご飯を食べました。
地元の漁師さんやビジネスマン、家族連れで満席の店内。夜は行列ができるほど人気なんだそう。
お料理は、とてもシンプルで家庭的。また食べたくなる美味しさでした。
ちなみに、ひとり14euro。ここは、また行きたい♪♪

このあと、私が買ったValerio ScanuのCDを聴きながら家路につきました。
"Per tutte le volte che~♪"

さて、次の休みはそろそろ海・・・かな?
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-06-06 01:31 | 日記
il 28 maggio 2009...
2009年5月28日早朝、Bari Centraleの駅に到着。
研修先に向かう列車に乗り込もうと、人気のないホームで重いスーツケースと格闘していたら、
いきなり男の人が現われて「君が汗をかいているのが見えたから」と言って、列車に載せてくれたんだっけ。
Micheleさんが迎えに来るのを忘れていて、心配した駅員さんが電話をかけてくれたこと。
みんなで食べた初めての賄いtubettini con le cozze...
あの日のこと、今でもありありと思い出すことができます。

この町に来て1年。

本当にたくさんのいい出会いがありました。

仕事はあんまり覚えなかったけど(!)、学んだことは多かった。
a0169200_9452352.jpg

これから、やりたいこと。
自分にとって大切なもの。
やっと、見えてきました。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-05-28 09:45 | 日記
Quando vuoi, vieni!
a0169200_7513413.jpg

Chiesa di San Pietro Apostolo, piazza De Gasperi

旧市街のつきあたりにある、この教会を囲むようにして白い壁の家が並んでいます。
洞窟住居から崖の上に町を築いたとき、基礎となったのがこの一角。

今日は、そこに住むAntonioの家にお昼ご飯を食べに行ってきました♪
以前から「遊びにおいで~」と言われていたものの、
「奥さんが怖い」とか「娘たちが超おしゃべり」とか噂に聞いていて、少し尻込みしていました。

先月のとある休日、Giuseppeの家に晩ごはんを食べに向かう途中、広場を歩いていると、
かなり遠くから「あなた!ちょっと待ってー!!!」と2人の女性から呼び止められました。
明らかに知らない人だったので、知らないふりをして通り過ぎようと思ったら、
・・・Antonioにそっくり!!!一瞬で噂の姉妹だと気付きました。
急いでいる私なんかお構いなく、そこから延々と続く2人の話。・・・噂どおり!
どうやら、父Antonioに会いにpizzeriaに寄ったときに私を見て、ずっと気になっていた模様。
私がフィリピン人ではないことを確認してスッキリしたのか、30分ほどで解放されました。

というわけで、今回のご招待は少し怖いもの見たさも手伝って、ドキドキの訪問。
扉を開けたら現われたアジアな顔だち(奥さん、知らされてなかったらしい)にかなり驚かれました。

噂どおり、かなりのきれい好き奥さんで、30年前結婚したときに買ったという家は、超~きれい!
この辺りは旧市街でもいちばん古い住宅群なのですが、全然そんなことは感じませんでした。
天井はアーチ状になっていて、Pugliaの伝統的な造り。1階建てとは思えない、高い天井。はぁ、ステキ。

「特別なものは何もないけど・・・」と言って出されたのが、
pasta e ceci (パスタとひよこ豆)
caroselli (プーリアのきゅうり)
cotoletta di pollo (鶏のカツレツ)
brasciole (馬肉でチーズやハーブを巻いてトマトソースで煮込んだもの)
arancia e ciliegie (オレンジとチェリー)
torta di cioccolato (チョコレートケーキ←私が持参)
caffe' e limoncello (コーヒー、レモンのリキュール)

いやー!超満足、満足♪ とっても美味しかったです♪♪ しかも、かなり大盛り♪♪♪
pasta e ceciはPuglia以外にも、色々な地方で食べられている家庭料理のひとつ。
うちの町では、olio forte(オリオフォルテ)と呼ばれる、ニンニクの香りを移したolioで和えます。
ceci以外にもlenticchie(レンティッキエ=レンズ豆)、fave secche(ファーヴェセッケ=乾燥そら豆)
などなど豆類はかなり頻繁に食卓に登場します。

brasciole(ブラショーレ)はPugliaの、特にBari(バーリ)県の伝統料理です。
馬肉をトマトソースで煮込み、まずひと皿目はorecchiette(オレッキエッテ)と和えて食べ、
そのあとで2皿目としてお肉を楽しみます。
a0169200_752337.jpg

うちの町でも少し郊外に出ると、こんな風に馬を飼っている風景に出会うことができます。
生で食べることも多いのですが、日本の様にサシは入っていず、赤身です(馬刺食べた~い!)。
脂肪分の少ない、あっさりとしたお肉。Pugliaに来たら、一度試してみてくださいね。

「お客さんが来るとワインが進むわ~」と終始飲み続けて、台所仕事はAntonioに任せっきりの奥さん。
Antonio、かなりの恐妻家と見た!あ・・・イタリアじゃ、普通!?

ふたりの馴れ初めなど聞きつつ、楽しい食事でした。(いろんな意味で)ごちそうさまでした♪

*帰り際に"Quando vuoi, vieni!(来たいときに、いつでもいらっしゃい!)"と言われると、弱い私。
この言葉が大好きで、図々しくちゃっかりとリピートしています♪ 明日はCarmelo家へ~♪♪
***************************************************
14/05/10
colazione:1banana e caffe'
pranzo:pasta e funghi e caffe'
cena:2fette di pane, prosciutto e spremuta di arancia e limone

15/05/10
colazione:fragole e caffe'
pranzo:sushi di alici, fritto di pesce in agro dolce
cena:riso in brodo

16/05/10
colazione:caffe'
pranzo:pasta alla crudaiola e caffe'
cena:risotto ai gamberi e asparagi, insalata di pomodoro, 2fette di pane e frutta
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-05-18 07:56 | 日記
E' un buon ricordo...
昨日の昼休憩、探し物をしていて、ふと気になった袋に手をかけてしまいました。
自分の持ち物なので、何が入っているのかはよ~く分かっていて、週に1度は触っていたんですけど、
改めて中を見ることを避けていたんです。
それなのに、昨日は何だかすごく気になってしまって・・・、何が入っているかというと。
a0169200_6455793.jpg

イタリアに来て、もうすぐ1年半。その間に出かけた際の切符です。
不慮の事故(トイレで落としてしまった ecc...)がない限りは、いつもポケットに入れて持ち帰っています。
おこづかい帳をつけているので、あとから切符で金額が分かると便利なのです。

上から撮影したので、いまいち分かりづらいですが、
左下の水色の切符、左上の横長の切符、黄色い紙きれ切符(乗車後に発券してもらったもの)が、
FS、イタリア国鉄の切符で、いちばん利用していたので、かなり大量にありました。
それからデザインが大好きな、右下のTorinoにいた頃によく乗っていたSademの切符や
右上3番目の、横にでっぱりがある南イタリアの路線バスSITAの切符もたくさん。

ぱらぱらめくっていたら、「あ、こんなところも行ったんだっけ?」というところもあったり。
(こうやって、思い出にふける時間が長くなりそうだったので、触れないようにしていたのに・・・)
これからときどき思い出しながら、記事にしてみようと思います♪

************************************************************
12/05/10
colazione:fragole e nespole
pranzo:frittata di asparagi, verdure grigliate, insalata, pane, caffe' e cioccolatini
cena:insalata caprese, 2fette di pane e 1banana

13/05/10
colazione:1yogurt
pranzo:riso al curry, caffe' e ciccolatini
cena:riso con "pesce che si muove", 1banana e spremuta di limone e arancia
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-05-14 07:10 | 日記
母の愛 dal Giappone
GWに続き母の日、すっかり忘れていました。
お母さん、いつもありがとう!
a0169200_964218.jpg

教えてもらった豆ご飯、作ったよ♪
a0169200_973486.jpg

荷物も、先週届きました♪

ぐちゃぐちゃな箱の中身は、母の愛!?
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-05-12 09:16 | 日記
dobbiamo parlarci di piu'...
4月も今日で終わり。
お昼は29度まで気温が上がっていました、夏はもうすぐかな。
a0169200_9123137.jpg


去年の11月末にここに戻ってきて以来、抱えている問題があって、
今月はそのことでちょっと落ち込み気味でした。
考えないようにしようと思っても、ちょっと暇があるとそのことを考えてしまったり。
それなら暇をなくそうと思って、無駄に動いて疲れたり・・・悪循環な日々。
思っていることがすぐに顔に出てしまう性格なので、周りのみんなに心配をかけていたようで。
そんなとき何気なくある人にその話をしたところ、するすると解決に向かって光が見えてきました。

私はどちらかというと、悩んでいたり、考え事があっても人には話さない(話せない)性格。
自分の中で考えて、答え(正解かどうかは分からないけれど)を見つけるタイプだと思います。
きっと「もっと何でも話してくれればいいのに」って思っている人たちがいるだろうけど。
そんなわけで今回も、半年ほど答えを探してはウロウロしていました。

それなのに、こんなにすぐに解決の糸口が見つかるなんて。
まだまだ本当には終わっていない問題だけれど、心の重荷の半分は投げ捨てることができました。

今日、約束したこと。
「何でも話すこと。」
「理解できないこと、納得がいかないことは、その場ではっきりとそう言うこと。」
「理解し合えるように、話し合うこと。」
イタリア人を見てると簡単そうだけど、やっぱり難しい。
でも、試してみる価値はありそうです。

自分のことを全く知らない人たちの中で、いちから関係を築いていくこと。
ひとりになって、自分と向き合うこと。
ここでの生活は、本当にたくさんのことを考えさせてくれます。
来てよかった。

Buon maggio♪
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-05-01 09:17 | 日記
夏時間、ふたたび
4月です、暑いです。
a0169200_7472345.jpg

最近お気に入りの散歩コース。痴漢に遭遇したので、只今新規開拓中・・・。
a0169200_74929100.jpg

畑の間も歩きます、暑い暑い。

今週の日、月曜日はpasqua(パスクア=復活祭)と町の守護聖人のお祭り。
ちょっと前から、イルミネーションが取り付けられたり、ちょっと町がにぎわっています。
この町でpasquaを迎えるのは初めてなので、楽しみ♪ ・・・仕事ですが。
a0169200_7522183.jpg

Nataleよりもステキなイルミネーション。点灯するのが楽しみ♪
a0169200_755835.jpg

町の外れに(町の中は狭いのでスペースなし)luna parkが。なんかシュール。

先週の土曜日から日曜日にかけて、夏時間になりました。
1時間早くなっただけなのに、1日が長くなった(日が沈むのが遅いから)ような、不思議な感じ。
夏時間になった途端に、barの外にテーブルと椅子が出され、すっかり夏仕様になっています。
昨日は、ベランダの掃除をしていたところを、下のgelateriaでくつろいでた友達にみつかり、
一緒に今年初のgelatoを食べました。Gianpietro、ごちそうさまです!Grazie!!
既に4人全員サングラスをかけていました(日陰だったのに!)、私も今年はサングラス欲しいなー。
a0169200_759480.jpg

屋上に洗濯物を干せる季節到来!もう少ししたら、日焼けもできるかな!?

この町に初めて来たのは6月だったから・・・もう10か月!?
時間だけが早足で駆け抜けていく気がする、今日このごろ。
a0169200_759581.jpg

おやつは、主にパンです。

やりたいことが色々あるわりに、怠けゴコロも人一倍(いや、3倍?)ある私。
ひとつずつクリアできるように。

がんばるぞ。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-04-03 08:09 | 日記
PSOT!!!
何日か前の夜中、研修先から家に帰る途中で、横断歩道の塗り替えをしている人たちに遭遇。
イタリア人のわりにきちんと測って(でも、紐で)白地の幅を調整したりしてて、
他の道路表示の薄くなったのも描き直してた。
「ほほー」とか思いつつ(上から目線)、そのときは通り過ぎたんだけど。

次の日の昼間、同じ場所を通り過ぎようとして、ふと気付いた。
以前は一時停止ではなかったところに、PSOTと描かれた跡があることに・・・。

ちょっと待て、PSOT。 P.S.O.T!!!
すごい笑いが私を襲ったんだけど、午後3時の町は死んでいて、誰も周りにいないし。
いたとしても、「とまれ」がPSOTなんかではないことを知っている人はいないかも。
「PSOT・・・何だかお洒落な響きだよね」とか思ってる人もいるかも。
いやいや、もしかしたら私が知らないだけで、この町の方言かも。

イタリアに旅行される皆さん、PSOTの表示を見かけたら、一時停止でお願いします。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-03-26 08:10 | 日記
| ページトップ |