Top

いつも心にプーリアを
by amopuglia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
"Orangeribbon1 " Skin by
Animal Skin
<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
PSOT!!!
何日か前の夜中、研修先から家に帰る途中で、横断歩道の塗り替えをしている人たちに遭遇。
イタリア人のわりにきちんと測って(でも、紐で)白地の幅を調整したりしてて、
他の道路表示の薄くなったのも描き直してた。
「ほほー」とか思いつつ(上から目線)、そのときは通り過ぎたんだけど。

次の日の昼間、同じ場所を通り過ぎようとして、ふと気付いた。
以前は一時停止ではなかったところに、PSOTと描かれた跡があることに・・・。

ちょっと待て、PSOT。 P.S.O.T!!!
すごい笑いが私を襲ったんだけど、午後3時の町は死んでいて、誰も周りにいないし。
いたとしても、「とまれ」がPSOTなんかではないことを知っている人はいないかも。
「PSOT・・・何だかお洒落な響きだよね」とか思ってる人もいるかも。
いやいや、もしかしたら私が知らないだけで、この町の方言かも。

イタリアに旅行される皆さん、PSOTの表示を見かけたら、一時停止でお願いします。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-03-26 08:10 | 日記
lampascioni...
さて、これは何でしょう??
a0169200_8494821.jpg

玉ねぎ??なんて思ったのは、私だけ?
これは、lampascioni(ランパショーニ)というユリ科の植物の球根です。

私の持っているPuglia料理の本にも、
P'acchja' u lambasiune ada scava affunne.
Per trovare il lampascione devi scavare molto.

ランパショーニを見つけるためには、たくさん掘らなくてはいけない(上:方言 下:イタリア語)。
とあるように、最低30センチは畑を掘り起こさないと見つからないんだとか。
asparagi servatici(→過去記事参照)と同じように、栽培種ではないので、
収穫するのに、たくさんの時間と労力がかかっています。
ちなみに今回のlampascioniは、Giuseppeのお父さんTaninoがgravinaで採ったもの。
かなりの大粒でした!さすが・・・。

a0169200_8544740.jpg

泥がたくさん付いた皮をむき、お尻の部分に×印の切り込みを入れ、たっぷりの塩水で茹でます。
まだ熱いうちにお皿に移して、上からギュッとお皿に押しつけ、お尻の部分を少し開いておきます。
冷めたら、塩、胡椒、オリーヴオイルと、少量の白ワインヴィネガーで和えて、いただきます♪

食感は、同じユリ科の球根であるユリ根のような感じで、ほくっとしてます。
上手に茹でないと(何度も水を替える人もいるそう)苦味が残って美味しくないんだとか。

昨年の夏の終わり、昼の休憩中に友達の家のプールで泳いでいたときのこと。
11月に研修が終わったら日本に帰国しようと思って、残りの日々を堪能していました。
そんなとき、プールサイドで日焼け中のGiuseppeが「lampascioniを食べずに帰るのか・・・」とボソリ。
「何それ、美味しいの??」と気になって、プールから体を乗り出した私。
私の質問に曖昧な返事でごまかすGiuseppe。
そして、12月に再びPugliaに戻ってきた私。
全てはlampascioniに出会うため。
a0169200_8563746.jpg

lampascioni lessi(ランパショーニ レッスィ)
え!・・・かなり拍子抜けな味!?
でも、この時期にPugliaに来たら、一度は味わってみてくださいね!
こういう野菜の味や食べ方が、とてもPugliaらしいひと皿です。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-03-24 09:01 | 料理
S.Giuseppe
3月19日は、S. Giuseppe(サン・ジュゼッペ=聖ヨゼフ)の日です。

イタリア人の名前の多くは、カトリックの聖人の名前に因んでつけられています。
カレンダーを見ると、その日ゆかりの守護聖人名が書かれています。
例えば今日は、S.Giuseppe。
朝、Giuseppeが来たら「Auguri(アウグーリ=おめでとう)!」とお祝いを言います。
そして、ここに名前が載っていない人たちは
11月1日のTutti i Santi(トゥッティ イ サンティ=諸聖人の祝日)に。

多くの聖人の中でも、S.Giuseppeは重要な聖人のうちのひとり。
私の中でGiuseppeといえば・・・そう、皆さんおなじみのこの人なんですが、
a0169200_2405364.jpg

カトリックではGesu'(ジェズ=イエス)の養父 Giuseppeを指します。
なので、今日イタリアでは"giorno del papa'(ジョルノ デル パパ=父の日)"でもあるわけです。

a0169200_2413655.jpg

a0169200_2415958.jpg

zeppole di San Giuseppe(ツェッポレ ディ サン ジュゼッペ)
揚げたシュー生地にカスタードクリームを絞り、amarena(アマレーナ=さくらんぼの一種)を飾った
この時期に食べるお菓子です。起源はNapoli(ナポリ)、現在は南イタリアに広まっています。
ミスドのフレンチクルーラーを思い出したのは、私だけでしょうか・・・(嗚呼、ミスド、ミスド・・・)。

***************************************************************

今日、せっちゃんRochinaさんとマルちゃん、ゆきーなさんと旦那さんの5人が食事に来て下さいました。
皆さん「美味しかった」と言って下さったので、よかったよかった♪
Rochinaさん、Buon viaggio!!! 次回また声かけてくださいね!
せっちゃんとゆきーなさんはご近所なので、また近々、お会いしたいです!
本当にありがとうございました。

あ、噂の(?)マルちゃん、かなりツボでした。マルちゃん、寒くてごめんね~!
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-03-20 02:47 | 行事
Festa della donna
今週の月曜日、3月8日はfesta della donna(フェスタ デッラ ドンナ=女性の日)でした。
この日イタリアでは、男性が女性にmimosaの花を贈る習慣があります。

私も普通なら定休日だったはずなのですが、夜に予約が入っているということで休みは次の日に持ち越し。
サービス業は、こういうことはよくありますよね。
月曜日は夜だけの営業だったので、午後は一度作ってみたかったこれに挑戦することに・・・。
a0169200_2334448.jpg

torta di mimosa(トルタ ディ ミモザ=ミモザケーキ)
イタリアの家庭料理雑誌に載っているような、比較的新しいお菓子の様です。

Vitoによると、このtortaの抑えるべきポイントは、
1 cupola(クーポラ=ドーム)型に作る
2 ananas(アナナス=パイナップル)を使う
3 mimosaの花に見立てたスポンジで表面を飾る の3点。

えーーー、1の時点で、私のtortaは失格なのですが、友達の家に持っていくために普通の型を使用。
スポンジ生地にananasと相性のいいrhum(ルム=ラム酒)のシロップを打って、缶詰のananasを。
もちろん生のananasを使っても大丈夫ですよ。
上に飾るスポンジは、粗めの裏漉し器を使うか、包丁を使って小さな角切りにします。

a0169200_23393698.jpg

断面はこんな感じ(自分の味見用も、ちゃっかり作りました)。
rhumの染みた柔らかい生地とクリーム、ananasの組み合わせが美味しいっっっ!!!
見た目も可愛いく出来て、満足な仕上がりになりました♪♪
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-03-12 23:41 | 行事
asparagi servatici...
春といえば、皆さんどんな食材を思い浮かべますか??

ここPugliaで、いま美味しい食材はこれ、
a0169200_1511295.jpg

asparagi servatici(アスパラジ セルヴァティチ=野生のアスパラ)です。
レストランでよく見かける栽培種のアスパラではなく、本当に野生・・・というか道端に生えているそうで、
友達から「暖かくなったら、アスパラ採りに行こうよ!」と誘われたりします。
ただ、このひと束を集めるためには、かなりの時間が必要なので、買うとなると比較的高価な野菜です。
味は日本の山菜のように、強い苦み。
また下のほうの茎は硬いので、上のほうの柔らかい部分だけを食べます。
a0169200_1522542.jpg


今日の賄いは、このasparagiを使ったrisotto(リゾット)でした。
茎の硬い部分でとったbrodo(ブロード=だし)を使います。
たっぷりのチーズとバターが苦味を中和、冷蔵庫で眠っていたspeckの切れ端が味わいを深めていました。
おかわり、おかわり・・・。
前日に食べた、同じbrodoで作ったpasta in brodo(パスタ イン ブロード)も美味しかったです♪

昔は苦味のある野菜なんて嫌いだったのに・・・私も大人になったな~。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-03-08 01:53 | 料理
春はもうそこまで
すっかりご無沙汰していました。皆さん、お元気ですか??

今週の定休日は、海へ散歩に行ってきました。
a0169200_2263443.jpg

もう夏??ってくらいに暑かったこの日。私はうっかりロングスカート・・・。
それでも砂浜やlungomare(ルンゴマーレ=海岸通り)を歩いたり、
貝殻や小石を拾ったりと楽しかったです。

海は本当に青いんだとか、空は本当に広いんだとか、太陽の光は本当に強いんだってこと。
当たり前のことをたくさん思い出させてくれるような、Pugliaの自然に感謝!
そしてこの自然が、食材をうんと美味しくしてくれてるんですよね。本当に感謝、感謝です!!

cime di rapaの季節も、もう終わりがけ。黄色い花がたくさん付いています。
枯れ木に色を添えるのは、うっすらピンク色をしたmandorle(マンドルレ=アーモンド)の花。
a0169200_227219.jpg

そして、mimosaが咲き乱れています。

Pugliaでの初めての春、新しい季節の匂い。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2010-03-05 02:29 | 日記
| ページトップ |