Top

いつも心にプーリアを
by amopuglia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
"Orangeribbon1 " Skin by
Animal Skin
<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
pasta e ricotta...
Pugliaにいた頃の思い出を振り返ってみると、常に友達の家でご飯を食べていた記憶が。
べ、べ、別に、昼どきを狙って各家庭を訪問しているわけではないんだけどー。
仲良くなると、自然に「うちにご飯食べにおいでよー」という話になって、
何しろひとりでご飯を食べるのが嫌な性格(寂しがり)なので、喜んでおじゃましていました。

本当に色々なご家庭に呼んでもらったんだけど、どこも本当においしかったです♪
やっぱり家ごとに特徴があって、何曜日はコレ!っていう一品がそれぞれあったり、
同じ料理でも味が全く違ったり、とても面白い経験になりました。

新しいお皿が出てくるたびに"Com'e'?(コメ?=どう?)""Buono!(ブオノ!=おいしい!)"
というやりとりがあって、
"Come si fa?(コメスィファ?=どうやるの?)"と私が聞くと、マンマにんまり。
食べながら作り方や、その料理の由来などを教えてくれます。
あーーーこうやって、イタリアの食事は長くなっていくんだな、きっと。

今日のお昼ご飯に作ったこのパスタも、そうやってMaraのマンマから教えてもらいました。
a0169200_23165281.jpg

a0169200_23171390.jpg

pasta e ricotta(パスタエリコッタ=パスタとリコッタ)

な、何だか写真を掲載するほどの工程がなかったんですけど。
名前どおり、パスタとリコッタを和えて黒胡椒を挽く、それだけです。

です、が!!!
これがびっくりするくらいおいしい。乳の甘みが口いっぱいに広がるー♪
初めて見たとき、「え?これだけ?」って尋ねた(失礼!)くらいにシンプルです。
下関のワイン会のお料理の試作でリコッタを作ったので、久しぶりにこの味を。
一瞬Ginosaに戻ったかと思ったー!懐かしい味!!
洞くつ住居が目の前に広がりました(言い過ぎ)。

日本に帰って来てまだ1ヶ月ちょっとなのに、全てが"懐かしい"ゾーンに入ってます。
みんな元気かな・・・うるうる。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2011-01-25 23:22 | 料理
enoteca8
先週は、下関へ行ってきました。
a0169200_1704835.jpg

関門海峡:右側が九州、左側が下関のある本州側
a0169200_171921.jpg

a0169200_1710676.jpg

唐戸市場近くにある、"長州屋台村"という屋台形態の飲食店が集まっている一角に、
a0169200_1713297.jpg

a0169200_1715126.jpg

enoteca8(エノテカオット)というワインバーがあります。
a0169200_1723350.jpg

いまは冬場なので、屋台の周りはビニールの覆いで囲われています。
風も入ってこなくて温かい~。
a0169200_1731954.jpg

客席はカウンターのみの全8席。
a0169200_1734250.jpg

a0169200_174311.jpg

店内は落ち着いた赤と黒で大人のイメージ。
(手前がごっちゃりしているのは、私の荷物・・・)
a0169200_174217.jpg

こちらが店主のユミさん。
Piemonteの同じお店で研修、共同生活をしていました。
休みの日に一緒に出かけたり、私がPugliaに移ってからも遊びに来てくれたり、
楽しい時間を一緒にたくさん過ごした仲間のひとりです。

ワインを飲みながら周りのお客さんとわいわい。
ひとりで来て、ユミさんとの会話とワインを楽しむ。
他の屋台に食事を注文することもできるので、お腹が空いてるときも大丈夫!
本当に居心地のいい空間です。
下関にはこのタイプのお店は少ないので、お客さんのニーズにぴったり。

地元を離れて長かったユミさんが、すっかり下関に馴染んでいてびっくり。
近頃、心身ともにだらーんとしていた私。
明るくてフットワークの軽いユミさんに会って、元気をたくさんもらいました。
ユミさんありがとう♪♪

enoteca8
長州屋台村内 →長州屋台村HPはこちらから
山口県下関市中之町(亀山八幡宮そば)

来週、ユミさんが参加しているワイン会の料理を作ります。
下関の食材を使って、何品か作る予定です。ただいまメニュー作成中。
気合い入れて頑張るぞ!
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2011-01-24 17:11 | 友達
お知らせ
1月19日(水)に放送される、NHKの番組に、Puglia州Ginosaの友達が出演します。


"こだわりライフ ヨーロッパ" 
洞くつ住居をよみがえらせよう イタリア ジノーザ

a0169200_335573.jpg

8世紀頃に作られた洞くつ住居が今も残るイタリア南部のジノーザ。斜面に穴を掘って作った住まいには、かつてイスラムの侵略を逃れた人々が隠れ住んだという。しかし今は住む人もなく荒れ果てたままだ。この住居を修復し、よみがえらせようという活動に注目が集まっている。修復を始めたのはマーラ・ディ・レーナさん(29)。洞くつ住居を利用したホテルを始めることを思い立ったのだ。修復は大きな賭けだったが元の洞くつの姿を残した心地よい空間が人気を呼び、多くの人が訪れる。マーラさんに触発され、洞くつ住居を修復し利用しようという仲間も次々と現れている。洞くつ住居を現代によみがえらせようと動き出したマーラさんたちジノーザの人々を描く。


放送予定
1月19日(水)午後6時00分~20分 BS1
1月22日(土)午後4時00分~20分 BShi (再放送)
1月23日(日)午前5時00分~20分 BS1  (再放送)

前記事で予習!
*シリーズ町歩き Ginosa-1
*シリーズ町歩き Ginosa-2

毎週の休みに遊びに行っていたGinosaの、というかMara特集だそうです(Mara曰く)。
誰が出るのかなーと、とても楽しみにしています♪
時間のある方、どうぞご覧ください!・・・時間のない方は、ぜひ録画を!!
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2011-01-17 03:21 | 友達
携帯買ったり、近況などいろいろ
a0169200_0153624.jpg

やっと携帯買いました~♪

イタリアに行く前に、自分の携帯を母名義に変えていました。
帰国したら、また名義変更して、同じ番号で使うはずだったんですけど。
あんなに携帯嫌いだった母が、「お母さん、これ使い続けたい」と。
どうやら、ただいまひとり暮らし中の弟とメールするのが楽しいそうです。

何度か下見に行って、面倒になって、決め切れず・・・を繰り返したんですけど、
最後は「まーいいか」と、あっさり希望(色は白、小さめ)を無視してこれに。

あ、本当は憧れのi phoneにしたかったんだけど、家族割のおかげでauなので、
苦し紛れにi podに付いていたりんごシールで、ごまかしています(気持ちを)。

ぼちぼち"変更しましたメール"出しますので、少々お待ちを♪

a0169200_0402038.jpg

友達が作ってくれたPalagianalloのスノードーム、世界に1個だけ♪

さかのぼって先週の金曜日のことなんだけど、なんか妙な寒気がありまして。
「おかしいなーおかしいなー」と思っていたら、38度!びっくり。
いつも35度くらいしかないっていうのもあって、いっきに病人モード。

家じゅうの漫画を読破しました・・・いい汗かいたっ。
昨日辺りから、回復の兆し、あとは食欲が戻るのを待つばかりです。

インフルエンザも流行っているみたいなので、皆さんも気をつけてください!

a0169200_115012.jpg

未だ、オーブンのくせ掴めず。

以前通っていたイタリア語教室のお友達、先生と食事に行ったときのこと。
何だったか、イタリアの食事におけるパンの話になりました。

イタリアの食卓でのパンの扱われ方と、日本のイタリア料理店でのそれとは、
隔たりがあるという話題とか。
前者は日常であり、後者は非日常であるので、比較は難しいけど・・・。

"よその国の料理をするなら、文化をそのまま持ってこないとダメ!"
と言われた、ドリアーノ先生の言葉がずしっときました。

料理を通して私が伝えていけること、伝えなきゃいけないこと。
そういう仕事ができるように、いつも意識していよう。
それが、私がイタリアで勉強した"意味"だろうと、いま思っています。
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2011-01-14 01:14 | 日記
FELICE ANNO NUOVO!
あけましておめでとうございます!
a0169200_22285896.jpg


帰国して早や1か月・・・いやいや~びっくり。

ちょこちょこ友達と会ったり、イタリアから届いた荷物を片づけたり、
前の職場に挨拶に行ったらうっかりアルバイトすることになったり・・・。
ま、大半は何をするでもなくぼーーーんやり過ごしています。

・・・そろそろ動き出すかな。

今年もよろしくお願いします♪♪
[PR]
Top▲ | by amopuglia | 2011-01-05 22:36 | ごあいさつ
| ページトップ |